キャンプ全般

【初心者必見】冬のキャンプが一番良い3つの理由【解説】

4月 22, 2020

こんにちは、キャンプ大好き!さんたくんです。

今日は、冬のキャンプが最高な3つの理由をお話します。

「寒い」などマイナスイメージがある冬ですが、キャンプをする場合は利点ばかりです。

是非ご覧ください。

 

【初心者】冬のキャンプが一番良い3つの理由

 

タイトルの通り、キャンプの最適な季節は冬です。

春夏秋でも良いけど、一番は冬です。

この記事を読むことによって、キャンプのイメージが変わるかと思います。

 

まず、夏をオススメしない理由が下記です。

夏をおすすめしない理由

・暑い
・虫などが多い
・食材に気を使う
・暑いうえに焚き火は苦行

 

夏のキャンプはあまり良いことがないです。

良いところと言えば軽装になり、荷物が減ることくらいです。

 

一方、冬のキャンプが良い3つの理由

冬をおすすめする理由

・虫がいない
・食材を気にしなくていい
・寒い中での焚き火が最高

 

もちろん他にもありますが、上記が主な理由です。

えっ!?こんな理由?と思われるかもしれませんが、これだけで全く違います!

 

虫がいない

 

これ、かなり重要です!

虫が苦手な人には最適な環境です。

苦手では無い人でも、虫はかなりうっとうしいです!

食材などにも気を使います。

わずらわしい虫などを気にする必要が無い冬の環境はホントゆっくり出来ます。

 

食材を気にしなくていい

 

夏の食材は痛みやすいです。

クーラーボックスに入れる保冷剤を毎回準備するのが大変です。

案外保冷剤ってかさばって食材が入りきらない事が良くあります。

冬はそんな事を気にする必要がありません。

食材もクーラーボックスに入れるだけで問題ないです。

痛みやすいからと言って選べない食材も減り、好きなものが食べられます。

 

寒い中での焚き火が最高

 

まさにこれです!

なんと言っても寒い中での焚き火が最高です。

焚き火を眺めているだけで最高の時間を過ごせます。

リラックス効果バツグンです。

夏は暑くて無理です。

 

冬のキャンプのデメリット

冬のキャンプのデメリットはなんと言っても「寒い」のと「荷物が増える」ことです。

しかし、その寒さも防寒着を着て、焚き火にあたって、暖かい物を食べれば問題ないです。

夏のキャンプは暑ければ服を脱ぐくらいだけど、冬のキャンプは防寒対策の選択肢が沢山あります。

いまは快適グッズもたくさん出ているので便利ですし、軽量・コンパクト化が進んでいるので昔より荷物もかさばりません。

寝袋もかなり暖かいものが出ています。

とはいえ「寒い」よ!と言うなら薪ストーブもテントによっては設置出来ます。

 

【初心者】冬キャンプの便利アイテム紹介

ハスキーテントファイター

 

このテントの主に良い所は、設営簡単、スカートが付いている、耐水圧が高いことです。

スカートが付いているので、寒い風を防いでくれます。

耐水圧がかなり高いので、雨や、雪でも問題ないです。

 

マミー型 高級ダウン

 

 

羽毛なのに価格がかなり安いです!

ある程度の冬ではこのシュラフで十分です。

コスパ最強です!

 

ZIPPO(ジッポー) ハンディウォーマー&オイルセット ZHW-15

 

 

オイル式カイロなのでかなり温かいです。

寝袋の足元に入れておけば湯たんぽ代わりにもなります。

1回の注入で約12時間も発熱します。

 

ホンマ製作所 クッキングストーブ

これさえあればどんな寒い冬でも問題ないです。

テントによって使用出来るのが限られますので確認してください。

 

まとめ

冬のキャンプはホント最高に気持がいいです。

焚き火の醍醐味を存分に味わえます。

寒い朝に飲む暖かいコーヒーも至福の一時です。

何も気にする必要もない、冬のキャンプをぜひ体験してみてください。

想像している以上に快適です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-キャンプ全般
-