キャンプの疑問

【夏のキャンプ】での服装は?重要なのは対策です。

5月 2, 2021

 

「夏のキャンプの服装は何が良いのかな?」

「気をつける事って何だろう?」

 

夏のキャンプの服装は軽装で大丈夫ですが、汗の対策はしっかりした方が良いです。

また、その他にも夏特有の対策が必要です。

 

対策すべき事は下記です。

 

夏の対策ポイント

・汗対策

・日焼け対策

・防寒対策

・虫対策

 

汗対策

夏は暑いので何もしていなくても自然と汗が出てきます。

テント設営や薪割りなどをすると直ぐ大量の汗をかきます。

なので夏の汗対策は必須です。

 

インナー・パンツ

汗を吸い取って直ぐ乾く「吸湿速乾性」のあるものが良いです。

コストパフォーマンスが良いのはユニクロの「エアリズムマイクロメッシュ」です。

通気性が良く、接触冷感なので着た瞬間に涼しい着心地です。

 

エアリズムの機能

出典:ユニクロ

 

エアリズムマイクロメッシュVネックT(半袖)

出典:ユニクロ

 

ココがおすすめ

通気性抜群で快適なメッシュタイプ。首回りや袖口・裾はカットオフ仕様でインナーのラインが目立ちにくい。
着替えとして何枚か持って行くと快適に過ごせます。

 

 

エアリズムボクサーブリーフ(前開き)

出典:ユニクロ

 

ココがおすすめ

サラサラの肌触りで過ごせる快適インナー。心地よいフィット感でずっと爽やかなはき心地。
エアリズムでしかも前開きなのが良いです。

 

日焼け対策

夏の日差しは強いです。しかも標高の高い所へ行くと日差しも紫外線も強くなります。

対策としては以下です。

 

対策ポイント

・帽子
・サングラス
・日焼け止めクリーム
・アームカバー

 

帽子

帽子は直射日光を防いでくれるので夏では必須アイテムです。

 

ホライズンハット

 

 

 

ココがおすすめ

UVケア(UPF15-30、紫外線カット率85%以上)機能をもち、頭囲にぐるりと配置したベンチレーションメッシュパネルが通気性を確保しています。。また、取り外し可能なあごストラップ付きです。薄くて軽く、持ち運びも便利です。

 

ゴアテックスハット

 

ココがおすすめ

防水透湿素材のGORE-TEX PRODUCTS素材を使用した、トレッキング用防水ハットです。13mm幅のしっかりとしたシームシーリング加工を施すことで、防水性を向上。雨に濡れても形状を保持しやすいやや硬めの広いツバを採用することで、雨の吹き込みを軽減します。トレッキングや野外フェス、普段使いにも幅広く活用できるアイテムです。

 

 

サングラス

目も紫外線によって炎症を起こします。

サングラスを掛けることによって紫外線予防としてはもちろんのこと、眩しく無くなることで作業もはかどります。

 

コールマン 偏光サングラス

 

 

ココがおすすめ

光の反射を軽減して視界をクリアにしてくれる偏光レンズ採用。UVカット機能付き。

 

日焼け止め

日焼けを防ぐ方法として手軽なのが日焼け止めクリームなどを使う方法です。

今はコンビニなどでも売っているのでキャンプに向かっている道中で買うこともできます。

 

参考

SPF・・・紫外線によって肌が赤くなるのをどれくらい遅らせられるかの数値。例えば塗らなかった場合、10分で日焼けする状況でSPF50の商品を使用したら500分(10分×50)日焼けを遅らせる事が出来る。

参考

PA・・・肌を黒くするなどの原因となる紫外線A波(UV-A)を防ぐための効力値。+の数が多いほど効果が高い。

 

ビオレUVアクアリッチ

 

ココがおすすめ

【世界初】ミクロレベルの隙間まで塗りムラを防ぐ、水感エッセンス
【ミクロUVカットカプセル配合】
従来の約1/500サイズのUVカットカプセル。ミクロレベルの隙間まで塗りムラ防ぐ。
【素肌でいるより肌にいい 6つのこだわり】
・ぷるぷるのウォーターカプセル配合。乾燥を防ぐ。
・ヒアルロン酸/ローヤルゼリーエキス/BG配合(保湿成分)
・スーパーウォータープルーフなのに、せっけんで落ちる。
・にきびになりにくい処方(ノンコメドジェニックテスト済み)
※すべての方にコメド(にきびのもと)ができない、アレルギーが起こらないというわけではありません。
・アレルギーテスト済み
・無着色
【SPF50+/PA++++/顔・からだ用】

 

アームカバー

夏では半袖になることが多いのでアームカバーをするのも日焼け防止に役立ちます。

今は接触冷感のある商品も出ているので快適に過ごせます。

 

Eadail アームカバー

 

ココがおすすめ

【UVプロテクション】:高エネルギーの紫外線を強力に吸収し、太陽の有害な損傷から腕を最大限に保護できる紫外線吸収剤で処理されます。UVカット、吸汗速乾、抗菌防臭機能。

【接触冷感】:水や汗で濡れると気化熱の作用により冷却効果があります。伸縮性が抜群で、肌にぴったり合い、肘関節の曲げ伸ばしが楽になります!

 

防寒対策

夏は暑いので寒くはないと思いがちですが、キャンプ場などの標高の高い所へ行くと急激に天候が変わる事があります。

半袖だけだと寒くなる場合もあるので羽織る物を持って行った方が良いです。

また、雨や風対策としてレインコートも1つは持っていた方が良いでしょう。

 

glimmer 長袖パーカー

 

ココがおすすめ

【ポリエステルメッシュ】
表面はフラットで裏面がメッシュになっている生地です。
ポリエステル100%仕様で速乾性に優れた素材です。メッシュの細かな凹凸やヌケ感は、見た目も手触りも爽やか。高い通気性で快適に過ごせます。

【DRY(吸汗速乾)】
ベタつく汗を素早く吸収し、水分を繊維内に篭らせることなく即座に発散する。glimmer active wearには、そんな高機能を実現するメッシュドライ素材が採用されています。
スポーツシーンはもちろん、チームウェアや夏場のデイリーウェアとしても高い効果を発揮すること請け合いです。

【UVカット】
紫外線に注意しなければならないのは夏だけではありません。アクティブな毎日を過ごす人にとっては毎日紫外線対策が必要です。
glimmer active wearは紫外線を遮断する効果があるウェアです。
世界で、もっとも紫外線対策の歴史があるオーストラリアニュージーランドで定められた紫外線防止指数UPF20に準ずる本格派です。

 

虫対策

夏は冬に比べて虫が多くいます。

正直なところこれは対策しても完全に防ぐ事はできません。

下記がオススメ商品です。4隅に設置すると効果が高いです。

 

富士錦 パワー森林香(赤色)

 

ココがおすすめ

虫除け効力パワーアップ!
強力防虫香

このパワー森林香(赤箱)は普通の蚊取り線香と比較して、効力を一層強化し線香の厚みを厚くして、煙の量を一段と多く出る。
広い野外での森林作業や、農作業には最適です。

 

まとめ

夏のキャンプは川遊びなど出来る事が多くて楽しいですが対策もそれなりに必要です。

上記で紹介した商品はほんの一部です。他にも色々良いアイテムが出ていますので色々と調べてみてください。

それでは夏の対策をしっかりしてキャンプを楽しみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

参考芸能人が使用しているギアも参考になるので良かったらご覧ください。

【ギア紹介】人気YouTuberヒロシさんのキャンプ道具一式

続きを見る

【ギア紹介】神の舌を持つ男「阿諏訪」さんのキャンプ道具一式

続きを見る

【ギア紹介】芸人バイきんぐ西村さんのキャンプ道具一式

続きを見る

【ギア紹介】野外料理研究家ベアーズ島田さんのキャンプ道具一式

続きを見る

-キャンプの疑問
-, , , ,